RCIを使った相場判断とは

主婦の副業FXもRSI(Relative Strength Index)アールエスアイというチャートを使います。RSIは「相対力指数」とも呼ばれています。このテクニカル分析指標に似て、RSIのような、相場が反転するかどうかを見る指標は「オシレーター系指標」と呼ばれます。

FX取引(FXトレード)でRSIを使う場合、移動平均線やろうそく足を使うと、相場のトレンドを見ることができますが(トレンド系指標)、相場が反転するサインは、トレンド系指標だけを見ていては、おもうように見つかりません。これを見つけるために、RSIを使います。主婦の副業FXではこのRSIを基本にFX取引(FXトレード)を行います。

RSIは、チャートを0〜100%で表示されています。見方は0%に近いほど売られすぎの状態、100%に近いほど買われすぎの状態として示します。RSIの判断基準は他のチャートを見て判断しますが、一般的には、20〜30%を下回ったら売られすぎで、「買い」サインと判断する材料とします。逆に70〜80%を上回ったら買いすぎで、「売り」サインと判断します。注意しなければならないのがFX取引(FXトレード)でも、RSIのようなオシレーター系指標(相場が反転するかどうかを見る指標)は、上昇トレンドが続いている場合、買われすぎのサインが出続けることがあります。この様にうまく機能しない場合もあります。

そのため、主婦の副業FXではこのRSIを基本にFX取引(FXトレード)を行いますが、RSIのチャート単体でFX取引(FXトレード)のタイミングを図るのではなく、必ず他の移動平均線やろうそく足といったテクニカル分析と併用して使ったFX取引(FXトレード)をしましょう。

このページのトップへ
FXが主婦に向いている5つの理由
普段の生活で無理なくできる
女性はFXで男性の3倍稼いでいる現実
自宅で仕事できちゃう!
主婦がFXで儲けるには
仕事の意識を持たないことが大切!?
FXのメリット
株との違いはインサイダーが無い
パートの履歴書も志望動機も必要ない!
FXなら日払いで高収入が得られる!
生活費ピンチ!でも、心配しないで!FXはあなたの味方です。
プチ稼ぎのつもりが4億円を脱税するほど稼いだって!
お小遣い稼ぎ
FXが少し解ってきたら
10倍のレバレッジ運用で
FXチャートの賢い使い方
RCIを使った相場判断とは
MACDを使った相場判断とは
ろうそく足を使った相場判断とは
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM